最初は動機が不純で良しだが途中挫折を避けるためのポイントを押さえましょう!

この記事をシェアする

歯医者に通うことで歯の健康維持にプラス

最初は歯科医や衛生士目当てで良いが

歯医者に通院するにあたり、ホームページなどで確認した際、歯科医や衛生士の情報を確認するのではないでしょうか。その際、自分好みのタイプであれば、通院するのを選択肢の1つに入れるのも良いでしょう。

人は見た目も1つのセールスポイントなので、歯医者に行く動機としては有り。歯科医や衛生士による治療を受けて歯の健康増進を図れるなら良し。また、自分にとって話しやすい雰囲気の人なら、歯の健康に関する質問や相談をする中で良好な関係を図るのも1つの方法。途中で挫折をしないで通院できるモチベーションにもなるかもしれません。

ただし、必要以上にプライベートの情報を聞き出したり、話しかけたりするのはやめてください。下手をすれば相手に心理面のダメージを与えてしまいかねません。歯科医や衛生士はあくまでも業務の一環として接客をしていることも、勘違いをしそうになった時に冷静になって振り返りましょう。

より歯の健康増進に関心を持てるようにする

好みの歯科医や衛生士を目当てにして通院するのも1つの方法。良好な関係が形成できれば歯の健康増進も図れて、健康面以外に心理面でもプラスになることが期待できます。そこで、途中挫折を防ぐために、歯の健康に役立つ情報を確認しましょう。

虫歯や歯周病がひどい状態になれば、見た目が悪くなる以外に飲食をする際に支障が出ます。思うように飲み込みができず、内臓に負担が掛かります。それによって内臓や脳に疾患を引き起こす原因となりかねません。

歯の痛みが出た時に歯医者に通院するのは大事ですが、3か月に1回のメンテナンスもオススメ。プラークや歯石を除去するだけで、虫歯や歯周病予防ができます。他には、好みの歯科医や衛生士からの声掛けやアドバイスも、きっと大きなモチベーションとなります。



PAGE
TOP